toggle
2017-09-17

アメリカのテレビ番組Shark Tankの商品

こんにちは、ごろゆるです~。
昔NetflixかHuluに入ってた時、観るものがなくて、たまたま観始めたShark Tankという番組。マネーの虎のアメリカ版でミリオネラーの投資家たちの前で自分のビジネスをプレゼンして投資してもらう番組。

おもしろくて旦那さんにも観てほしくて誘ったけど、興味ないと断られましたが(フンだ笑)、最近YouTubeのおすすめで見かけたらしくシーズン8から一緒に観てます。こういう番組を観ると将来の夢へのモチベーションが上がっていいです!今日は最近観たエピソードで気になった商品を紹介します。

Fizzics

お店で買ったビールがドラフトビールの味になるディバイス。最初、普通のビールサーバーだと思って、こんなの日本に売ってるよと言ったら、音波を使って味をまろやかにするサーバーなんだって。

ビールサーバーの生ビールとFizzicsを使った缶ビールを試飲して飲み比べてたシャーク達が、「おいしい。スムーズになってる。」と揃って言ってました。

ボトルや缶をディバイスにセットするだけ。発明した男性2人はテック系で働いていたから科学的にも信用できそうだし、デザインもおしゃれだし、これは父親の誕生日に買いたいなと思いました。

Rethink

こちらは、16歳の女の子が作ったCyberbullying(ネット上でのいじめ)を防止する ソフトウェア。アップル、アンドロイドでアプリが無料でダウンロードできます。テキストやSNSのメッセージで相手を傷つける言葉、例えばYou are ugly.と打って送信する前に本当にそれでいいの?とメッセージがポップアップします。

5000回の実験で93%が考え直したんだって。びっくりしたのが、T-mobileが契約を頼んできたけど、たくさんのキャリアに使ってほしいから断ったんだって。もったいなーいと思うのは、貧乏性の考えかな(笑)

この子、10歳からプログラミング始めて、14歳の時にこのソフトウェアでGoogle Science Fairの最終選考に選ばれたり。プレゼンもうまくて驚きました。未来はこういう天才の子にお任せしました~。


ということでShark Tankで気になった商品でした。まだまだ気になるものがたくさんあるので、また紹介したいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村

カリフォルニア州ランキング

スポンサーリンク

関連記事